毎日のケアを意識しよう

ドライヤーで乾かすこと

頭皮や根元を乾かそう

髪の毛の先端だけ乾かしても、根本や頭皮がまだ濡れている状態では意味がありません。
どちらかといえば先端よりも、根本や頭皮をしっかり乾かすことを意識してください。
乾かす時はドライヤーを使う人がほとんどでしょうが、熱風を当てすぎると髪の毛がダメージを受けてしまいます。
数センチ離した位置から、熱風を当てると良いでしょう。

また同じ場所にずっと熱風を当てると、そこが集中的にダメージを受けてしまいます。
小刻みにドライヤーを動かして、髪の毛の全体に万遍なく熱風を当てることを意識しましょう。
うまくドライヤーを扱うことができれば、短時間で終了します。
できるだけ短い時間で済むように、ドライヤーの扱いに慣れてください。

ダメージを与えない工夫

髪の毛の上にタオルを被せて、タオル越しにドライヤーの熱風を当てるのがおすすめです。
するとダメージを緩和させられますし、熱風とタオルの効果で早く髪の毛を乾かせます。
そのように、ケアする時は工夫してください。
特に白髪が増える年代になると、髪の毛はダメージを受けやすくなります。

難しいことではないので面倒に感じず、丁寧に1つ1つのケアを行ってください。
全体を乾かし終わったら、最後にドライヤーの冷風が出る機能を使いましょう。
それは、ほとんどのドライヤーに備わっている機能です。
髪の毛をクールダウンさせることで、キューティクルを補修できます。
髪の毛の状態が悪くなっていないか、カラーが落ちている部分がないか毎日鏡を見てチェックしましょう。

TOPへ戻る